「若禿げ」は何も対処しなければ必ず悪化してやがて「本当のハゲ」になる

”何歳から中年なのか”を、明確に述べるのは難しいものです。

30代半ば~といった「年齢」を基準にするのはもろん、

・健康状態

・見た目

といったことも、影響を与えるはずです。

だからこそ、”人それぞれ”と言えるのだと思います。

言うまでもなく、”禿げてきた”というのは大きなポイントです。

しかしながら、それが若い時期から始まる人もいます。

もちろん、老けて見えるものです。

絶対に、油断してはなりません。

「しばらくすれば、また生えてくるだろう」

そうやって、「本当のはげ」に近づいていくのです。

若禿げの放置は、心の中年化とも言えます。

確かに、若禿げは「ストレス」が影響した結果としての
「自律神経の乱れ」が原因となって起きていることも多く
そういった要因が解消されることによって、抜け毛の症状が改善されることもあります。

しかしながら、要因が解消されても薄毛が解消されない場合や
そもそも早期の「AGA(男性型脱毛症)」であることも考えられ、
「何らかのケアをしなければ、改善されない」ことが非常に多いです。

放っておいては、絶対にダメなのです。

もちろん、短期的に抜け毛が進んだ後に
急速に症状が改善していくことも考えられます。

しかしそれは治るまで分からないことであり、「いつ治るんだろう?」と考えているうちに
想像していないほど薄毛が進行してしまうことも、珍しくはありません。

「まだ若いし、大丈夫」と思っていて、最終的に後悔することになる人は珍しくありません。

気付き次第早急にケアを始める

たとえ若くても、薄毛が気になりだしたらすぐにケアを始めることが必要です。

しかしながら、なかなか始められないという方には
1つの基準として、「頭皮が堅くなってきた」ということを確認してみましょう。

「もう生えてこない」タイプの薄毛というのは
頭皮が堅くなり「毛穴が閉じる」という特徴があります。

そうなってしまっては、<おしまい>であり
そうなる前に・ならないように、何らかの対策を始める必要があります。

そういった傾向が始まってしまった場合、
いずれは「大変なこと」になることは間違いありません。

「抜け毛のスイッチ」が入ってしまったことに違いはなく
放置するという選択肢は、ないものと思いましょう。

「そのうちよくなるだろう」という考えは、絶対NGであることを忘れないでください。

アレルギーによって頭皮が悪化していることも

アトピーの症状の延長として、抜け毛が発生しやすい傾向があることは事実でしょう。

何らかのアレルギーの要素を持っている人は、「基本的にはげやすい」のかもしれません。

もちろん個人差はありますが、そもそも頭皮が傷つきやすいことは十分なリスクです。

そもそも、アレルギーとは「自己免疫機能」のトラブルであり
自己免疫機能が関わる脱毛症の症状には、有名な「円形脱毛症」があります。

従来、円形脱毛症はストレスが関わっていと考えられていましたが
正確には「自己免疫不全(疾患)」の症状の1つであることが分かっています。

つまり何らかのアレルギーを持っている人は、自己免疫系のトラブルを抱えており
その症状の中に脱毛も含まれているため、アレルギーを持っている人というのは
持っていない人に比べてはげやすい、という論理的な考え方もできます。

基本的に敏感肌であることは疑いようがない

そしてアトピーに限らず、何らかのアレルギー体質を持っている人は
基本的に「敏感肌」であり、乾燥している傾向があります。

刺激を受けやすい・感じやすい肌であり、それはつまり傷つきやすい肌であるとも言えます。

「頭皮」に関しても例外ではなく、「炎症」のリスクが高いということであり
もちろん、炎症は脱毛を招く非常に大きな要因でもあります。

<掻きむしる>人は超要注意!

アトピーや、ちくちくするレベルの乾燥肌の場合
年をとるにつれ落ち着いてくる傾向がありますが、中には時々異常に痒くなり
我慢が出来なくなってしまい、つい掻き毟ってしまう人もいるようです。

元々弱い肌に対して、最高レベルの刺激を与えてしまうことになり
肌の表面が傷つくということは、薄毛の症状にもつながる大きな問題になります。

こういったリスク要因を抱えている状態では
薄毛の改善プロセスを、効率よく進めていくことはできません。

よって、まずは育毛計画を始めていく前に
頭皮の肌質・頭皮環境の改善をしていく必要があります。

元々の体質としての敏感・乾燥肌は、ちょっとしたことで改善することはできません。

また早く育毛を始めたい人は、焦ってしまうこともあると思います。

だからこそ、一度落ち着いて、そして早めに始めることが必要なのです。