これ以上抜け毛を増やさないための秘訣

「髪の薄さ」を表現する要素として、

「量(ボリューム)が少ない」ということ

これに加えて、「1本1本が細い(弱い)」という要素もあります。

実際に、男女問わず「髪が細い」人というのは
薄毛に見えやすい傾向があり、同時に”人より抜けやすい”ということも言えます。

髪が細い要因としては、「体質」や「遺伝」の要素も含まれ
ある意味で仕方がないこと、とも考えることができます。

ただし、何も対処をしない場合には

  • 弱い状態
  • 抜けやすい状態
  • 薄く見える

以上の3大リスキー状態が継続し、基本的に悪化することになります。

できる努力をしていき、髪質を強化していきましょう。

髪を作るのは食事

髪を強くするための最も単純で不可欠なアプローチとは、
髪を生やす・育てるための栄養素を摂取することです。

具体的には、

  • 亜鉛(ミネラル)
  • アルギニン(アミノ酸)

以上を含んだ食材を摂取することです。

実際には上記の栄養素以外にも、基礎栄養素から希少な栄養素まで
幅広い様々な成分が必要であると言えます。

髪は健康状態を反映しているものだから

「髪質」は、「肌質」や「爪の状態」と同じく健康状態のバロメーターであり
不健康な状態では、そのどれもが弱っていると言えます。

徐々に弱る、急激に弱ることの両方が考えられる要素であり
「肌荒れ」「ひび割れ」と同じものになります。

非常に”正直に現れる”と言える要素であり
放っておくことで、「薄毛どころではない」事態になる可能性もあります。

「頭皮」の強化も欠かせない

「強い髪」を作ることができても、抜けやすい土壌が変わらなければ
本当の意味で、薄毛の改善にはなりません。

しっかりと、「抜けにくい頭皮」を用意しておくことが必要です。

「血流」と呼ばれる血液の流れは、「健康」にとって非常に重要な要素になります。

血液の役目とは、細胞が活動するために必要な

  • 酸素
  • 各種栄養素

これらを、細胞1つ1つに供給することであり

細胞1つ1つが、正常に働かないことには
私たちの体は、健康的に活動することができません。

そして、血流・血液は健康にとって重要であると同時に
頭髪にとっても、非常に重要な役目を負っています。

いわゆる”頭皮が堅くなる”と呼ばれている状態の
何がよくないのかと言うと、頭部の血流が滞っている状態を引き起こすためです。

頭髪に酸素・栄養素を送るための「毛細血管」
極端に細くなっている、もしくは死んで・少なくなっていることが考えられます。

とういうことは、頭髪・頭髪を作る細胞に対し
酸素・栄養素がうまく供給されていない、ということになります。

「血液の質」を高めるのは最も大切なケアとなる

血流が乱れてしまう原因としては、血管が細く・厚くなることで
血液が通る道が、狭まってしまっていることです。

その原因としては、血液の質が悪化していること
いわゆる「ドロドロ」の状態になってしまっていることが挙げられます。

この状態は「動脈硬化」として知られており、「生活習慣病」の症状の1つでもあります。

脱毛は、「ストレス」や「自律神経」といったものの影響が
大きいと思われがちですが、こういった「はげるべくしてはげる」という
まさかの落とし穴があることも、考えておくべきです。

血液の質の悪化による薄毛が進行している疑いがあるのであれば
あとは、血液の質を改善するしかありません。

これだけでも、若はげの症状を緩和させることができる可能性があります。

「悪質な脂質」の摂取を控える

まずは、リスクを軽減します。

「血中脂肪」や「コレステロール」と言う言葉を
聞いたことがある人は多いと思いますが
正にこれらの成分が、血液に質を悪化させる大きな要因になります。

これらは主に「動物性脂質」の摂取によって
体内・血液内の量が増えていくことになります。

また同時に「悪い皮脂」を生み出す要因でもあり
血流が悪化しているということは、頭皮の状態も悪化してる可能性があります。

「青魚」を意識して摂取すべき

次に改善です。

血液内の、血中脂肪・コレステロールを減少させる成分として

  • DHA
  • EPA

と呼ばれる「不飽和脂肪酸」が注目されています。

これらは主に「青魚」に含まれており
肉類中心の生活から、魚類中心の生活に切り替えることで
大幅に血液の改善を見込むことができます。

野菜と魚が中心の質素な食生活を送り、基本的な脂質量を抑えながら
不足分の栄養素を「育毛サプリ」で補うことも、有効な手段であると考えられます。

このアプローチのメリットとしては、非常に単純な健康体への働きかけとなることです。

健康な人と、そうでない人では「はげる確率」が大きく違います。

特に血液の質の悪化による抜け毛は、肥満体の人が疑うべき症状であり
<フサフサで長生き>するために、いち早く取り入れるべきアプローチであると言えます。