サラシア(サラシノール)サプリの飲み方

サラシアサプリは、「薬」ではないための
飲まなければならない時間・飲むべき時間は決まっていません。

ただし、その効果を最大限に引き出せるタイミング
効率的にその効果の恩恵を得ることができるタイミングには、
特定の傾向が決まっており、それは「基本的に食前」になります。

そもそも「血糖値の急上昇を抑える」という特徴からも
血糖値が上がる状態でなければ、十分な”意味がない”とも言えます。

しかしながら、そのタイミングさえ合わせれば
「最高のケア」と言える、根本的なアプローチができると言えます。

「急上昇」を抑えることによるメリット

血糖値に不安を持っている方であれば
ある程度は、食生活にも気を配っていることと思いますが
食事という行為は、例外なく血糖値を上昇させます。

つまり、「インスリン」の分泌を招くのです。

血糖値の上昇を招くことにつながる要素として

  • 食事(そもそも血糖値が上がって当たり前の行為)
  • インスリンが働かない(糖尿病へと至る要素)

以上が挙げられます。

言うまでもななく、問題となるのは後者の方になりますが
この状態を招く要因は、前者にあることも事実です。

「暴飲暴食」が、インスリンの働きを弱める仕組みを
突き詰めれば、”血糖値の急上昇の繰り返し”になります。

このリスクを、大きく減らしてくれる・少しでも下げるのが
血糖値上昇に対する、抑制効果であると言えます。

そのため、食前のタイミングがベストになるのです。


”インスリンが出てから”では意味がない

しかしながら、”いつ飲んだものがいつ効くのか”については
個人の代謝能力等によっても、差があるものであり
「食後、かなり経ってから」でなければ、効果はあるはずす。

なぜ、そのタイミングを避けるべきかと言うと
「すでにインスリンが分泌されてしまった後だから」であり、
それでは、サラシアによる働きかけに意味がほとんどなくなってしまします。

最大の目的である、”インスリンの出動量”を減らすこと
そのためには、少ない・穏やかな働きでも
血糖値をコントロールすることができる状態を作ることです。

考えすぎずにいろいろ試してみる

ただし、毎回タイミングにとらわれるのも大変なものであり
「飲むのを忘れてしまった」という、がっかりを減らすためにも
毎日少しずつ<特に時間が考えないで>摂取することが理想です。

上記したように、”いつ効くか”を考えてコントロールするのは難しいことでもあり
「空腹でも満腹でもない」というタイミングで摂取することも意味があることです。

あくまで目安として、”食前”がベストであり
「遅くても同時くらい」という程度に、考えておきましょう。

そもそも”漢方的なもの”とは、じっくりと体を改善していくものであり
最終的には「タイミングの影響」が、少なくなることが理想です。